食事に左右されないレビトラで勃起力を高めEDを克服しましょう。レビトラは女性とデートで食事した後で隠れて使うことができるのでおススメのED薬です。しかも!バイアグラよりも効果が長いので刺激的な性行為ができるはずです。

食事とレビトラ

レビトラを食事する前と後ではどちらが効果的

レビトラ 通販
↑レビトラを通販で購入する前に効果効能や副作用のことを知ることが重要です

勃起不全治療薬を服用する際は、服用するタイミングを間違わないようにしなければなりません。例えば、レビトラの場合だと、性行為をするおよそ1時間前に服用することで20分前後で薬効が現れ始め、性行為をするまでは十分に薬効が発揮された状態になります。いったん薬効があらわれると、10mg錠であれば最大で5時間程度、20mg錠であれば最大で10時間程度は薬効が継続します。
しかし、このようにスムーズに薬効が出るのは、食事前の空腹の状態でレビトラを服用したときに限られます。レビトラに限らず、勃起不全治療薬は食事直前から食事終了直後までのタイミングは服用を避けるべきといわれます。食べ物を摂取すると胃腸に油膜ができますが、勃起不全治療薬の成分の多くはこの油膜を通過することができず、体内に吸収されないまま体外へ排泄されていってしまうからです。レビトラの主成分であるバルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルよりは食事の影響は受けにくいとされていますが、食事の影響で薬効が極端に落ちる可能性はまったくないわけではありません。レビトラを服用するタイミングが食事の時間と重なるのであれば、食事をとる数十分前に服用し、薬効があらわれるのを待ちましょう。
一方で、仕事や外せない用事があって、どうしても食事終了後に服用しなければならない場合は、食事が終了してから3~5時間程度経過してから服用すれば、満足な勃起不全の改善効果が得られるでしょう。これは食事によってできた油膜が消えるまでに数時間はかかるためで、脂っこい食事を摂取すればするほど消えるまでにかかる時間は長くなります。焼き肉やラーメンなど、脂っこい食事を大量に食べてしまったのであれば、その日はレビトラの服用も性交渉も避けた方が無難です。

レビトラは即効性があるので性行為直前に服用

レビトラは、即効性がありますので性行為直前に服用して効果を発揮することができます。これは、従来までのED治療薬には存在しなかったメリットであるため、こうした即効性や使いやすさを求めてED治療薬を服用する人は非常に多いのです。そもそも、バイアグラを代表とする初期に開発されたED治療薬には、性行為直前に服用することができないでメリットがありました。なぜかというと、食事をとった後に服用することができない仕様になっていたからです。夜に性行為をしようと考えるときには夕飯を食すのが普通ですが、バイアグラのような初期の薬は食事を摂取することによって予測できない副作用が生じる傾向がありましたので、使いたくても使えない事情があったのです。それだけではなく空腹後に服用しないと効果をうまく発揮することができないという事情がありましたので、少なくとも空腹から約5時間から10時間近くはずっとお腹を空かせた状態で維持しなくてはなりませんでしたので、身体に対する負担が大きかったというデメリットがあったのです。レビトラは、こうした制限を取り除いて少なくとも一定のカロリー数の範囲ならばほとんど食事の影響を受けないで副作用も出さずに効果も減退させない魅力的な薬として開発されました。根本的に、レビトラはバイアグラ時代に合った良くない点を解消するために開発されたものであったため、レビトラがそれまでのED治療薬と比べて劣っている点は何もないといっても言い過ぎではありません。実際に、こうした面倒な点を解消することができて初心者でも使いやすくなったのはレビトラのおかげなので、バイアグラ以上に有能な薬として日本国内のクリニックでも処方されています。

レビトラのジェネリックでも効果は変わらない

レビトラの効果には満足していても値段がもう少しどうにかならないのかと思っている人に最適なのがレビトラのジェネリックです。レビトラよりも価格が安いので薬の購入の負担を少しでも抑えたいという場合にピッタリです。安いとだけ聞くと安いのには何か問題があるから安いのではないかという心配があるかもしれないですが、ジェネリック医薬品についてはそのような心配をする必要はないです。どうしてそのような事が言えるのか、その理由について説明をします。
医薬品というのは研究開発には単に苦労しているというだけでは無く、莫大なお金も投資して研究開発が行われています。そして製薬会社は新薬を開発するにしても薬の販売をするにしても売って利益を得なければならず、単に困っている人を助けようとだけしているわけでは無いです。そして研究や開発に掛けたお金を販売した際に取り返す事が出来なければ、新しい薬の研究や既存の薬の製造も行えなくなってしまいます。だからこそ薬の価格を決定する際には研究開発に要したコストの分だけ価格に上乗せされているのです。ただ、ジェネリック医薬品の場合は新しい成分を探して研究開発しているのではなく、既存の成分を利用して薬を製造販売するのであり、研究開発にかかるコストを大幅に抑える事が出来るようになります。だからこそジェネリック医薬品は価格を安く販売する事が出来るようになっているのです。完全に製法が同じようになるという訳では無いので、薬の身体への吸収のされ方などには微妙な違いが生じる可能性はありますが、先発薬と同じ成分を用いている以上はジェネリック医薬品は効果についても変わらないと言っても良く、価格が安くて効果が同じならばジェネリック医薬品を選択した方が負担は少なくなります。
■男性の性機能を対策するならレビトラより精力剤を使いましょう
精力剤
■新橋のED治療のクリニックではレビトラを含む様々なED治療薬があるので自分に合った最善な方法をご提供できます
EDの相談は専門医にしましょう